03-3667-0990

受付時間:9時〜18時/日曜祝日・年末年始を除く

プレスリリース

2022/03/23

セイノーグループのGENie株式会社とピリカと協働で

ごみ分布調査サービス「タカノメ」自動車版を活用した実証実験を開始

貨物自動車運送事業を営むセイノーホールディングス株式会社のグループ会社であるGENie株式会社は、科学技術の力であらゆる環境問題を克服することを目指す株式会社ピリカ(東京都渋谷区、代表取締役:小嶌不二夫 以下ピリカ)と共同で、ごみ分布調査サービス「タカノメ」自動車版の実証実験を3月22日より開始します。

(「タカノメ 自動車版」を搭載した車両、サービス提供しながら同時に町内のごみ分布状況を調査を行う)

街中のポイ捨てごみを見える化する、ごみ分布調査サービス「タカノメ」

ピリカが開発・提供するごみ分布調査サービス「タカノメ」は、スマートフォンで撮影した道路や歩道の動画データを分析し、街中のごみの種類や数量を計測するシステムです。画像認識技術を活用し、ごみの分布や深刻さを計測することが可能となり、現在は、「タカノメ 徒歩版」が、主に自治体や企業に導入され、清掃活動ルートの改善や、美化施策の効果測定等に活用されています。 ピリカは、更に、広範囲の調査を実施するための「タカノメ 自動車版」を2021年に開発。車のダッシュボードにタカノメアプリが搭載されたスマートフォンをおくことで、業務走行中に道路のごみの分布状況を調査することが可能になりました。

(実証実験中の調査分析イメージ)

ラストワンマイルのサービスとともに、「くらし」を支える地域貢献を

GENieは社会課題の一つである「買い物弱者」の解消を使命としています。コンビニや薬局などの中小型店舗様と共に高品質なラストワンマイル網の構築を行い、 食料品・雑貨から処方薬まで、一緒にお取り組みいただく店舗の皆様と一体となって、“心をつなぐお届けサービスを全国で展開しています。

現在GENieにて提供している、処方箋配送サービス「ARUU」(アル―)とクイックデリバリーサービス「JASMie」(ジャスミー)で利用する車両に「タカノメ 自動車版」を搭載し、サービス提供しながら同時に町内のごみ分布状況を調査を行う、実証実験を実施予定です。

(調査中のステッカーを車両に搭載)

広範囲の調査を展開し、問題解決のための物差しを創る

「タカノメ 自動車版」は、東京都スタートアップ実証実験促進事業「PoC Ground Tokyo」にも採択され、現在GENie社との協働をはじめ、関東エリアでは、株式会社山一商事、加藤商事株式会社、Rethink PROJECT、関西エリアでは株式会社浜田などの企業と連携し、各地で実証実験を開始しております。

2011年にリリースしたごみ拾いSNS「ピリカ」は世界111カ国で活用され、個人だけなく1,500以上の企業・自治体・団体などにも利用され、その活動は年々拡大しています。ごみの自然界流出問題を解決していくためには、自然界流出量よりも、拾われる数が上まわる状況を作っていくことが、問題解決の一歩だとピリカは考えます。世界中で広がるごみ拾いの活動を更に問題解決に近づけていくためにも、「タカノメ」での調査普及を通じて、より正確な現状把握と課題発見を目指します。

会社概要

社名:株式会社ピリカ(英名 Pirika, Inc.)

※ピリカはアイヌ語で「美しい」という意味の言葉です。

所在地:東京都渋谷区宇田川町2−1渋谷ホームズ1308

事業内容:ごみ拾い促進プラットフォーム「ピリカ」/ごみ分布調査サービス 「タカノメ」/マイクロプラスチック調査サービス「アルバトロス」

設立年月日:2011年11月21日

URL:https://corp.pirika.org/